« Twitter(ツイッター)経由「星に願いを」  | トップページ | おーおーきなのっぽの古時計」 じゃないんだけど。 »

2011年7月15日 (金)

「命日」 或る夏の日

 

 

      「おかーちゃん これ好きやったんやー」

      きんつばを写真たての前に並べながら彼女はつぶやいた

      悲しげながらも どこか微笑んだ表情でたんたんと写真と語らっている。

 

      あれから何年経つのだろう

      私の記憶がうっすら紐解かれる

 

 

     Ketu         

      「命日」 

 

 

   毎年夏になると 私たちは九州に旅立っていた

   何故かいつも雲ひとつないよく晴れた日だった

   

   空港に降り立つと予約していたレンタカーに乗りなれない街を走った

   目的地まで約120キロの道のりだ 

   お気に入りのCDをデッキに入れ狭い空間を音で満たした

   私にとって運転は苦ではなく好きな音楽で充たしてくれる快適な空間であった

   車は少なく彼女もお菓子を頬張りながらドライブを楽しんだ

 

   2時間ほど走っただろうか   

   潮の香りが漂ってきた

   もうすぐフェリー乗り場だ

   島へ渡るほんの20分の船旅だ。

   しかし 気持ちいいくらい良く晴れた日だ

 

    Ketu

                                            (↑無修正画像↑)   

 

 

   船内でしばし休息をとった私は再び車に戻った

   船を降りればあと少しの距離だ

   私は大好きな海岸線をひた走った

   

   彼女の母がなくなり一年が経った

   まだまだ彼女は強がって生きているように私の目には写る

   まだまだ まだまだ・・・ 。 

   行き先は彼女が生まれ育った地

   彼女の母が眠っている地だ

   私は初めてこの地にやって来た

   まだ夫婦ではない私がこの場にいるのが何とも不思議でぎこちなかった

   お坊さんにはなんて話そうか」 などと考えていた

   彼女は鼻唄まじりで相変わらずお菓子を頬張っていた

 

   海岸線がドン詰まりをむかえ少し小高い場所に上った

   「ここ」

   彼女がお菓子を置いた

    車を降りると強い日差しが私を照らした

    空は雲ひとつなく青につつまれ

    蝉の声だけが耳にやきつく

    今着た道を振り返ってみると海がキラメイてみえた

    「あそこで泳ごう」  そー思った。

 

   50段程の階段を昇り細い路地を歩くと玄関に着いた

    

    胸の鼓動は高ぶっていた

    意を決し私が扉を叩いた

    

   「よぉーお越しなさった」 

   私の不安とは裏腹に優しい笑顔が出迎えてくれた

   私たちは木の香り漂う廊下を渡り本堂に通された

   分厚い座布団を出され「足は崩しなさって」と声をかけてくれた

   「涼しいね」  

   本堂の窓を開けるとそよ風が吹き抜けた

   壁に目をやると彼女の母の名前があった

   寄付 「OOO円也」 こう記されていた

 

   読経がはじまる

   私は慣れぬ正座に顔を歪めた

   

   ふと彼女に目をやると

   

   泣いていた。

   流れる涙をぬぐおうともせず ただ泣いていた

   しっかりと目を見開き 前をみて

   ただ 涙を流していた。

   そんな彼女を私はみていられず、しびれきった足をきつく抓った

   ・・声もかけずに。 

   私はただただ見守った     

   色んな思いが涙となって流れていくのだろう 

   泣くだけ泣いたら

   きっと彼女はケロっとしてんだから  ・・きっと

   そんな素直に涙を流せる彼女がうらやましくも愛おしくもあった

   

   そんな想いの中

   私はしびれきった足をただツネっていた

   涙がこぼれないように

 

   読経が終わり彼女にも笑顔が戻った

   「ミーンミンミンミンミー」

   急に蝉の合唱がはじまった

   彼女の笑顔を祝ってるのだろか・・

   彼女の生まれ育ったこの場所で 

 

 

|

« Twitter(ツイッター)経由「星に願いを」  | トップページ | おーおーきなのっぽの古時計」 じゃないんだけど。 »

フォトエッセイ」カテゴリの記事

コメント

かえるたん、おはようございますhappy01

かえるたんのワールド心待ちにしていました!
優しさがあふれていますねshine

私も「命」と書こうとしたことがありましたが、
こんなに素敵にはかけませんでしたよ!!

投稿: ぐみちゃん | 2011年7月16日 (土) 09時25分

読んでたら胸がじーんときちゃいました~。

投稿: りりこ | 2011年7月16日 (土) 12時53分

けろたん、ごきげんいかが?

記事読みながら思わず涙ぐんでしまいました(ノ_・、)シクシク

投稿: Ryu | 2011年7月16日 (土) 12時54分

こんにちは♪

お墓参りされたんですね。
肉親が旅立ってしまうってこと・・・・
いろいろな気持ちに整理が付くまで 時間が掛かるけど、
彼女のお母さんはつでも向こうから見守っています。
私も妹が旅立って7年になるけど7年経ってようやくです。
心にリボンをかけて もう大丈夫って笑って言えたのは・・・
いろいろ思い出しては空を眺め涙していました。

青い綺麗な海ですね。
静かな海。
時間と共に、心は穏やかになります。

投稿: mana | 2011年7月16日 (土) 15時38分

命日。文字も泣いていますね。。。。。。

えらいな~~~~

離れているからかな……

私はすぐ近くに5年前に亡くなった父のお墓があるのですが…実は一度もお参りに行ったことがありません。

行きたくないのです。

認めたくないのかなあ~。行っても…ねえ。。。。
悲しいだけだし。。。。

こんな変な奴です。^^;


けろたん、彼女をぎゅっと抱きしめてあげましたか?きっとそうして欲しかったはず。^^/

投稿: yu-ko | 2011年7月17日 (日) 15時48分

あついですね~
ステキ~♪
みんなの思いがつたわってきます。
私も母をはやくなくしているけれど、涙も出ないくらいつらかったです。今年久しぶりに母の手記がみつかったのでゆっくり読もうと思って。。まだです。
夏は命を顧みる季節でもありますね、
けろたん~がんばって~~~♪

投稿: 夕香 | 2011年7月17日 (日) 16時51分

じ~んとこちらまで伝わってきました。
青い海がいろいろと癒してくれそうですね。
彼女さんを大切にclover

投稿: めぐ | 2011年7月17日 (日) 21時30分

けろたんさん…
今夜はなんだか
ポエマーですね。
じーん。

投稿: hori-cotartu | 2011年7月17日 (日) 23時15分

ヾ(●´ω`●)こんばんはぁ★

記事の内容… 追加されたのですね…★
彼女の…お母様の…命日だったのですね…
亡くなって…まだ1年…
きっと… 彼女の中では… 
まだまだ… 整理の出来ない想いが…あるように…思いますね…
人の心は… 思いの外… 時間の掛かるものです…
でも… こうして… 傍に支えてくれる存在があるのは…
彼女にとっても、とても勇気付けられ… 元気に前に進んでいけることでしょう…

男性は… 女性のように… 泣けない分…
心で泣く…と言うのでしょうか…
でも… 実際は、男性の方の方が… 心は…繊細のように感じます…
泣きたい想い… そんな時は… 我慢しなくて…泣いても良いと想いますよ…
流す涙によって… 思いも少し…軽くなると思います…

投稿: ★sizuku | 2011年7月18日 (月) 01時24分

素直に泣ける彼女さんも、それを見守る
けろたんさんも素敵ですね(*^▽^*)
私まで、涙を我慢しましたsad
私も11年前に母を亡くしましたが、今でも命日には
涙が出ます(^┰^)ゞ

彼女さんも大事な人が側にいてくれるだけで、
きっと心強いですね(♥´艸`)
言葉が見つからない時は・・・
ぎゅーってしてあげて下さいheart04

ちなみに、私はそんな事された事ないのですが~(^w^)

投稿: POYO | 2011年7月18日 (月) 19時10分

師匠ぅ~おはようございます(≧∇≦)
 いつもお褒めの言葉ありがと~ございますupwardright
 師匠ぅは褒めて伸ばすタイプですね
 伸び悩んでま~す  ・・オリヾ(´ε`*)ゝ

投稿: ぐみちゃんさんへ | 2011年7月19日 (火) 08時29分

こんちゃ りりこしゃん(○゚ε゚○)
 
 じんじんじん~ じんじんじじん~♪ By ハラボー

投稿: *RIRIKO*さんへ | 2011年7月19日 (火) 08時36分

土持って帰んしゃい 球児よ~~~good

投稿: Ryuさんへ | 2011年7月19日 (火) 08時39分

よくぞお越しくださったヽ(´▽`)/
 時の流れとともに失っていってもいいもの
  ってのもあるんですよね( ´,_ゝ`)

投稿: manaしゃんへ | 2011年7月19日 (火) 08時44分

いつも温かい言葉ありがとう(^O^)
 抱きしめるだなんて~
catface ぽっ 

投稿: yu-koしゃんへ | 2011年7月19日 (火) 08時49分

夕香さん こんにちわ(o^-^o)
いつもコメントありがとう(○゚ε゚○)

投稿: 夕香さんへ | 2011年7月19日 (火) 08時51分

こんにちわ めぐさんhappy01
 コメントありがとぅ(^O^)
 うぃ うぃ(^з^)-☆ 

投稿: めぐさんへ | 2011年7月19日 (火) 08時52分

じんじんじん にんじんじじんn~♪

投稿: hori-cotartu | 2011年7月19日 (火) 08時54分

こんにちわ しずくしゃんhappy02
 ココロ温まる言葉ありがとう
 ココロの中にしまっておきます(^з^)-☆ 

投稿: 星のSIZUKUさんへ | 2011年7月19日 (火) 08時58分

POYOさん HOTなコメ ど~moですcrying
 そですね。 大切な人の前では強くありたい
 弱いんですけどね~( ´艸`)プププ

投稿: POYOさんへ | 2011年7月19日 (火) 09時03分

けろたんの言葉たち、しみました

またひとつ、けろたんが見えた気がしたり。

大切なものを大切にするってすてきなことですね・・・*

PS.相互リンクありがたうございます!

投稿: 甘雨 | 2011年7月22日 (金) 09時10分

こちらこそありがとうございます o(_ _)oペコッ
 とても嬉しく思ひます。
 そしていつも温かいコメントも・・
 それでは又、お待ちしております(* ̄ー ̄*)

投稿: 甘雨さんへ | 2011年7月24日 (日) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502542/40829221

この記事へのトラックバック一覧です: 「命日」 或る夏の日:

« Twitter(ツイッター)経由「星に願いを」  | トップページ | おーおーきなのっぽの古時計」 じゃないんだけど。 »